MENU

統合失調症は治せるのか

統合失調症に一度なるとなかなか治らないと言われている。
そんな統合失調症の治療を少しでも効率的に治したい。そのためにはどうすればいいのか。

 

 

やはり完治させることは難しい。だが、治療に専念すれば完治に近づけることは十分可能!!

 

近年の統合失調症は原因が解明され始めている。それに伴って治療方法も発達してきている。以前に比べ、ほぼ完治に近い患者が急増している事実を知っているだろうか。

 

統合失調症は治らないというのはもう昔の話であって今は治せる時代。治らないと諦めるのはまだ早い。

 

<治る患者が多くなった理由>

  • 治療方法の発達
  • 統合失調症の治療に詳しい医師が多くなった

 

根本的な治療方法は「薬物治療」「入院治療」の2つ。これらは以前と変わらないが、治療方針が時代とともに大きく変わった。その背景には、原因が解明されてきたことにより、その症状に合ったピンポイントな治療ができるようになった。

 

そして、統合失調症患者の年々増加傾向により、統合失調症に対して重要視する医師が多くなった。このことから現在は以前に比べ治しやすい環境が整っていると言えるだろう。

 

では、具体的に統合失調症の治療法「薬物治療」「入院治療」どちらが効果的といえるのかみてみよう。

薬物治療と入院治療

統合失調症でほとんどの割合を占める薬物治療。採用される割合が多いのは当然のことであるが、効果が高いからである。一方で入院治療の場合はさらに効果が高い。全て病院側で自分自身を管理されるからだ。

 

統合失調症の薬物治療

<薬物治療のメリットとデメリット>

  • 手軽に取り組める
  • 服用を続ければ再発率も20%〜30%
  • 幻覚、幻聴などの副作用
  • 長期的な薬処方での金銭面

 

メリットデメリットはあるものの薬物治療の効果は高い。医師からの指示通り用法用量を守り長期間続ければ高確率で良い結果を得ることができる。

 

しかしその一方で、薬物治療に効果を感じないという患者も多く存在する。だが理由は単純。簡単で薬を途中でやめたり、医師の指示通りに服用していないからである。

 

統合失調症の入院治療

<入院治療のメリットとデメリット>

  • 治療に専念できる
  • 非常事態があってもすぐ解決できる
  • 今以上に状態が悪化することはあまりない
  • 病院に束縛され自由がなくなる
  • 入院費がかかる
  • 統合失調症の治療に関する病院が数少ない

 

入院治療は重症化の場合に多い。金銭面、治療への専念、家族一丸となる必要があり比較的大掛かりになるからである。しかしながら、その分改善の確率は高まることは言うまでもないだろう。病院の管理下の元で全ての事が進んでいくからである。

薬物治療と入院治療どちらがいいのか

結論から言うのであれば、どちらを選んでもしっかり行うことさえすれば治すことはできる。ただし、効率的に治す観点から考えるのであれば、まずは自分の胸に聞いてみるべきだろう。

 

治したいという意思の強さを持っているのであれば、高い入院費を払ってまで入院治療する必要はない。その場合は薬物治療の方が向いている。

 

一方で、自分で治せる自信がない、つまり意思が弱いのであれば薬物治療ではなく、日常生活を医師がしっかり管理する入院治療の方が向いている。

 

一番効果的な方法、それは少しでも短期間で効率的に治す事。そのためには自分に合った治療方法を選ぶことが何よりも重要である。

 

統合失調症は時代とともに治療方法も発達してきた。だが世界を基準にすると日本の治療方法はまだまだ及ばない。外国の治療方法を取り入れればよいのだが、医療制度の違いからなかなか許認可が下りないのが実情である。制度上の問題から公にはなってはいないが、最先端医療で知られる米国の治療法を持ち帰り情報提供している人物がいる。参考までに一度チェックするとよいだろう。
日本の医療制度では到底及ばない!米国で支持されている最先端の統合失調症治療法